弁理士試験

弁理士試験の情報サイト

弁理士試験DB
 弁理士試験DBは、弁理士の資格及び試験内容をはじめ、受験資格、学習方法、試験開催地、免除制度、対策講座、試験問題集など試験においての知識、仕事内容、雇用形態などの情報サイトです。
 
 

LECオンライン(東京リーガルマインド) 

 
弁理士試験DB

弁理士の試験情報サイト弁理士試験DB

弁理士について

弁理士とは?

  法律の専門家と言うと弁護士が有名ですが、弁理士は産業財産権関連の事務手続きを代理する国家資格保有者で、実は私たちの生活と密接に関係しています。

 特許ブームの影響もあり、弁理士のお仕事の需要も急激に伸びている現在、弁理士への就職、転職を目指す方が増えています。特許権の他、実用新案権、意匠権、商標権などの産業財産権を守る弁理士がいなければ、発明や商品名などの権利が曖昧になり、コピー商品だらけのレベルの低い文化の国になってしまいます。

 弁理士になる為には毎年1回実施される弁理士国家試験を受験し、合格後弁理士登録手続きを済ませる方法が最もメジャーですが、既に弁護士資格を有している方や特許庁で通算7年以上審判官、審査官として審判もしくは審査の事務に従事した方は試験を受けずに弁理士として働くことが可能です。

 特許事務所は一人の弁理士と何人かの所員で構成される個人事務所、それに複数人数の弁理士と十数人の所員が働く中堅事務所、更に弁理士も所員も数十人単位で抱える大手事務所の3タイプに大別され、事務所の規模によって担当する業務も違ってきます。規模の小さい弁護士事務所なら、一人で何役もこなさなければならない可能性もありますし、一人一人の専門分野をある程度決めている大手事務所も珍しくありません。また、個人事務所でも「意匠権専門」など得意分野を絞って依頼を引き受けている場合がありますので、就職、転職の際はその事務所の業務内容をしっかりチェックする必要があります。
 弁理士試験DBでは、弁理士を目指す方のご参考までに弁理士の具体的なお仕事内容や年収、主な勤め先となる特許事務所で役割分担や弁護士との違い、弁理士試験の受験資格や試験内容、独学、通信講座、専門学校のそれぞれの勉強方法についてメリットやデメリットを指摘し、合格率など試験の難易度に関しても掲載。

 

弁理士試験の概要は?

 弁理士の主な就職先となる特許事務所でただ働くだけなら無資格でも採用される可能性はありますが、弁理士として活躍したいなら国家資格を取得しなければなりません。

 弁理士試験は国家資格に該当し難易度の高い試験になりますが、学歴や年齢、国籍などを制限されることはなく特別な受験資格は問われません。試験は年に一度実施され、受験手数料として12000円必要です。試験は短答式筆記試験、論文式筆記試験、口述試験の3分野に渡ります。

 試験スケジュールを簡単にご紹介すると受験願書が配布されるのは3月上旬から4月上旬にかけての時期で、インターネットで願書を請求する場合2月上旬から3月下旬に行う必要があります。4月上旬から受験願書の受付が開始され、短答式筆記試験が行われるのが5月中旬から下旬、論文式筆記試験の必須科目は6月下旬から7月上旬、選択科目は7月下旬から8月上旬に実施される予定です。そして口述試験は10月中旬から下旬にかけて行われる流れになりますから、半年近くは試験中心の生活を送ることになります。

 また、受験地も試験によって場所が異なり、短答式筆記試験の場合東京、大阪、仙台、名古屋、福岡で行われますが、論文筆記試験になると東京、大阪のみ、最後の口述試験は東京都だけが受験地となりますから、地方在住の受験生は要注意です。

 こういった弁理士試験の詳細情報は毎年1月中旬頃発表されますから、受験を控えている受験生は官報、特許庁ホームページをしっかりチェックしましょう。

 

弁理士試験の年間スケジュールは?

 弁理士資格は国家資格に該当しますから、資格を所有していなければ弁理士を名乗ることができませんし、弁理士として働くことも認められていません。合格率の平均も大体10%に満たない年が大半、と難易度の高さで知られている資格試験で、3年以上の学習期間を経て合格するケースが多いようです。

 また、弁理士資格試験は短答式試験と必須、選択科目の2種類の課題が出される論文式試験、そして口述試験と3段階に渡って受験することになりますから、受験期間も半年近くに及びます。御参考までに弁理士試験の年間スケジュールを追っていきたいと思います。

 まず、毎年2月上旬から3月下旬にかけてがインターネットの願書請求受付期間となり、3月上旬から4月上旬時期に受験願書が配布されます。4月上旬までに受験願書を提出し、最初のハードルである短答式筆記試験が5月中旬から下旬の時期に実施されます。この試験の合格は6月上旬頃発表されますから、合格者は6月下旬から7月上旬にかけて論文式筆記試験の必須科目を受け、7月下旬から8月上旬に選択科目を受験する流れになります。

 論文式筆記試験の合格は9月下旬頃発表されますから、合格者は10月中旬から下旬に最後の試験である口述試験を受け、11月上旬に発表される最終的な合否を確認することになります。

 こういった段階を追っていく試験スタイルの場合、試験期間も長くなりますし最終的な合否が発表されるまでの期間も長くなります。受験する年はもちろん、合否が分かるまで翌年の予定を把握しにくい点も弁理士資格試験の難しいところです。

 

資格・試験のサイト一覧

弁理士

弁理士試験 | 経済産業省特許庁
弁理士試験、実務修習、特定侵害訴訟代理業務試験に関する弁理士試験の情報。

資格総合

資格ナビ
国家資格、公的資格、民間資格、採用資格など資格一覧の情報サイト。資格別に試験日程、受験資格、試験内容、試験開催地、申込期間、問い合わせ先など紹介。

資格情報

弁護士試験DB
弁護士試験DBは、弁護士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
司法書士試験DB
司法書士試験DBは、司法書士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
税理士試験DB
税理士試験DBは、税理士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
行政書士試験DB
行政書士試験DBは、行政書士資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
宅建試験DB
宅建試験DBは、宅建(宅地建物取引主任者)資格の試験内容などの資格試験情報サイトです。
介護福祉士ナビ
介護福祉士ナビは、介護福祉士の資格内容をはじめ、試験の知識、奨学金制度、学習方法、免除制度、仕事内容、働く場所、雇用形態、職場 などの情報サイトです。

事務所検索サイト

税理士DB
税理士事務所と会計事務所の検索サイト。市町村別に一覧化し、税理士事務所の基本情報をはじめ、特徴・特色、取扱案件、対応業種、会計ソフト、税理士数、代表税理士のコメントなどの情報。
弁護士DB
弁護士事務所・法律事務所を市町村別に一覧化しておりますので、法律相談できる最寄の弁護士を検索可能です。
司法書士DB
全国各地にある司法書士の検索サイト。司法書士事務所を市町村別に一覧化しているのでお住まいの地域に合わせて最寄の司法書士を検索可能です。
 
 
 

 

 

弁理士試験メニュー

弁理士の基礎知識

弁理士とは
弁理士になるには
弁理士のメリットとデメリット
弁理士の平均年収
弁理士と弁護士
海外の弁理士事情
弁理士の歴史

弁理士の仕事

弁理士の仕事内容
事務所内弁理士と企業内弁理士
専権業務
法律事務所・国際特許事務所
弁理士に依頼するメリット

特許事務所

特許権・実用新案権、意匠権、商標権取得
職務の分担
事務所の規模
特許事務所への就職、転職
特許が出願されるまでの流れ
特許事務所内弁理士向きの性格

弁理士試験

短答式筆記試験
論文式筆記試験
口述試験
難易度

弁理士試験の勉強方法

専門学校
通信講座
独学
 

資格ナビ

 
 

 

 
弁理士試験DBについて
・弁理士試験DBは、弁理士の提供を目的としています。弁理士のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ZETTA SEGMENT

弁理士試験DB

弁理士試験DBは、弁理士の資格及び試験内容をはじめ、受験資格、学習方法、試験開催地、免除制度、対策講座、試験問題集など試験においての知識、仕事内容、雇用形態などの情報サイトです。
運営組織概要 免責事項 リンク
 
 

Copyright (C) 2012-2014 弁理士試験DB All rights reserved.